【Git入門】ファイルをコミット・プッシュする方法

スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、こんな悩みや疑問のある方に向けて記事を書きました。

読者
読者

ファイルを作成し、リポジトリに反映するにはどうしたらいいの!?

GitHub Desktopを使用してリモートリポジトリへファイルを追加する手順について知りたい方にはおすすめの記事です。

6ステップで始めるGitの作成手順

本ブログでは、以下の6ステップに分けてGitの作成 及び 操作手順を解説します。

【Git】の作成 及び 操作手順
  • ステップ1

    メールアドレスさえあれば、数分で簡単に作成可能です。難しい設定はないので、無料版からスタートしてみるのもアリ♪

  • ステップ2

    リポジトリとは、ファイルを格納する場所のことです。GitHubの場合、ブラウザで操作できます。まずは、プライベートリポジトリを作成してみましょう!

  • ステップ3

    Gitに関するさまざまな操作をするために、無料のGitクライアントソフトをパソコンにインストールしていきましょう!今回は【GitHub Desktop】を使用します。

  • ステップ4

    GitHubで管理されているリポジトリを自分のパソコンに複製します。そうすることでリモートリポジトリと同じ状態がローカルリポジトリに作成されます。

  • ステップ5
    ファイルをコミット・プッシュする

    本記事はココ!

  • ステップ6

コミット・プッシュまでの流れ

コミット・プッシュまでの流れは下記の4ステップです。

  1. ファイルの作成
  2. ステージングエリアへのコミット
  3. リモートリポジトリへのプッシュ
  4. ファイル履歴の確認

コミットとは、自分のローカルリポジトリに反映させること。

プッシュとは、リモートリポジトリに反映させることをいいます。

ファイルの作成

それでは、始めていきましょう!

実際に下記のようなテキストファイルを作成します。

ファイル名:sample.txt

本文:Gitへのファイル追加です。

ファイルの作成が完了したら、クローン先のフォルダに格納しておきます。

クローン先は【D:GitHub\sample01】としています。

ファイルの拡張子は表示しておいたほうが良いので、設定を確認してみてくださいね。

Windowsの場合

ファイルの作成は以上です。

ステージングエリアへのコミット

ファイルが作成できたら、次はGitHub Desktopでファイルをコミットしていきましょう!

GitHub Desktop画面上ではこのように表示されます。

先ほど作成した【sample.txt】が画面に表示され、チェックプラス(+)のマークが付いています。

そして、画面下にはコミットする際のタイトル、説明文、Commitボタンがあります。

タイトル

タイトルの入力は必須です。

チームで開発する場合などもありますので、分かりやすいタイトルを書きましょう。

説明文

説明文の入力は省略可能です。

タイトル・説明文を入力後、【Commit to master】ボタンをクリックします。

数秒後、画面が下記のように切り替われればコミットOKです。

コミットしたので、左側には「0 changed files」と書かれ、右側には「No local changes」と書かれています。

リモートリポジトリへのプッシュ

コミットが完了したら、次はプッシュを行います。

コミットが完了した時点では、まだリモートリポジトリには反映されていません。

なので、ファイルはまだ公開されていないことになります。

GitHub Desktopの画面より、【Repository】→【Push】を選択します。

Push後、リモートリポジトリに反映したか確認してみましょう。

GitHubより確認

GitHubから確認を行います。

リポジトリを開き、sample.txtが表示されていることを確認できるはずです。

\登録無料!60秒で登録できる!/

首都圏の求人に特化!
正社員並みの保障は魅力です!

ファイル履歴の確認

プッシュまで出来たら履歴を確認してみましょう。

履歴を確認することで誰が・どんな内容・プッシュした時間を把握することができます。

履歴の確認方法は2通りあります。

  1. GitHubから確認
  2. GitHub Desktopから確認

GitHubから確認

GitHubから確認する方法を見ていきます。

Commitと書かれている箇所をクリックします。

プッシュされた内容を確認できるはずです。

更に、コミット時のタイトルをクリックすることで詳細が確認できます。

GitHub Desktopから確認

Historyタブをクリックすることで簡単に確認することができます。

GitHub同様に誰が・どんな内容・プッシュした時間などを把握することができます。

まとめ

今回は、ファイルをコミット・プッシュする方法について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

本記事をまとめると以下の通りです。

コミット・プッシュまでの流れは下記の4ステップ

  • ファイルの作成
  • ステージングエリアへのコミット
  • リモートリポジトリへのプッシュ
  • ファイル履歴の確認
しーま
しーま

Tech Academyでは、GitHubトレーニングコースが受講できるようになりました♪「Git/GitHubで困っているあなた!」検討してはいかがでしょうか!?

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました