Java SE 11 Goldの問題について徹底解剖【1Z0-816対応】

スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

この記事では、こんな悩みや疑問のある方に向けて記事を書きました。

読者
読者

Javaの資格【Gold】を受験しようか迷っているんだけど、どんな問題が出題されるの!?勉強時間や勉強方法は!?

Goldの受験対策が知りたい方合格するために必要なポイントを知りたい方 おすすめです。

Goldの試験目的・難易度について

オラクル公式サイトより試験の目的・難易度について確認していきましょう。

【試験目的】

Javaアプリケーション開発に必要とされる汎用的なプログラミング知識を有し、設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える能力評価することを目的としています。

https://education.oracle.com/ja/oracle-certified-professional-java-se-11-developer/trackp_OCPJAV11
しーま
しーま

Javaアプリケーション開発者向けの資格試験ですね!

【難易度】

設計者の意図を正しく理解して独力で機能実装が行える中上級者向け資格です。

https://education.oracle.com/ja/oracle-certified-professional-java-se-11-developer/trackp_OCPJAV11
しーま
しーま

基本的な知識を前提とし、実際の開発現場で独力で実装できるレベルですね!

【受験資格】

Goldを受験する場合、Silverを合格する必要があります!下記の資格保有者が対象となります。

  • Silver 11(1Z0-815-JPN)
  • Silver 8(1Z0-809-JPN)

【試験問題】をチェック

Silverの試験問題をチェック

オラクル公式サイト(https://www.oracle.com/jp/education/certification/1z0-816-jpn-31705-ja.html)より、Gold(OCJ-P)の試験問題について確認しました。

試験内容は以下の17つ。

  1. Javaの基礎
  2. 例外処理とアサーション
  3. Javaのインタフェース
  4. 汎用とコレクション
  5. 関数型インタフェースとラムダ式
  6. JavaストリームAPI
  7. 組込み関数型インタフェース
  8. ストリームに対するラムダ演算
  9. モジュール型アプリケーションに移行する
  10. モジュール型アプリケーションにおけるサービス
  11. 並列処理
  12. 並列ストリーム
  13. I/O(基本およびNIO2)
  14. Java SEアプリケーションにおけるセキュア・コーディング
  15. JDBCによるデータベース・アプリケーション
  16. ローカライズ
  17. アノテーション

7.関数型インタフェースとラムダ式

以下2つのポイントを押さえましょう!

  • 関数型インタフェースの定義 / 記述
  • ラムダ式の作成 / 使用する

関数型インタフェースとは、抽象メソッドを1つだけ持つインタフェースの事です。

関数型インタフェースの型 変数名 = ( 引数 ) -> { 処理 };

過去問について

IPAが運営する情報処理技術者試験とは異なり、OCJ-P(Gold)の過去の試験問題は公表されません。よって、過去問を入手するのは難しいです。

そのため、以下の問題集などを活用し、ある程度の実践形式に備える必要があると予想されます。

しーま
しーま

1回に数万円かかる受験料を無駄にしないよう、万全な対策で望みましょう!

黒本だけ、まだJava SE 11バージョンに対応されていないようです(^_^;)

しーま
しーま

かなり前(当時はSJC-Pという名称)になりますが、、、私自身も上記の問題集を受験対策として、無事に合格することができました!

sjcp

まとめ

今回は、Javaの資格【OCJ-P Gold】の出題問題について徹底解剖しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最後に出題内容をまとめると以下の通りです。

  1. Javaの基礎
  2. 例外処理とアサーション
  3. Javaのインタフェース
  4. 汎用とコレクション
  5. 関数型インタフェースとラムダ式
  6. JavaストリームAPI
  7. 組込み関数型インタフェース
  8. ストリームに対するラムダ演算
  9. モジュール型アプリケーションに移行する
  10. モジュール型アプリケーションにおけるサービス
  11. 並列処理
  12. 並列ストリーム
  13. I/O(基本およびNIO2)
  14. Java SEアプリケーションにおけるセキュア・コーディング
  15. JDBCによるデータベース・アプリケーション
  16. ローカライズ
  17. アノテーション

関連記事

タイトルとURLをコピーしました