プログラマーとして稼ぐには最低どのくらいのレベル!?

エンジニアへの道
Designed by gstudioimagen / Freepik
スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、こんな疑問や悩みに回答します。

読者の声
  • プログラマとして働きたいけど、自分にはできるか不安・・・
  • 未経験なので、業界のことを全く知らない・・・
  • プログラマとして稼げるレベルってどのくらいなのか教えて!!

プログラマとして働きたくて、ネットで情報収集をしていると「未経験でも始められる」という情報もあり、実際はどうなの!?っと思っている方は多いのではないでしょうか。

読者
読者

独学だと、どこまで やればいいのか分からない。。。

私は現在【プログラマ】として、数々のプログラミング言語を学び、アプリ・ソフト開発に携わっています。この業界を5年以上続けているので、どのくらいのスキル・レベルがあれば現場で働けるのか熟知しています。

この記事では、プログラマのレベルを4段階にわけ、それぞれのレベルや次のレベルアップに向けた学習方法について詳しく解説します。

しーま
しーま

この記事を読めば、今日から稼げるプログラマに向けた準備ができるはずです!

4段階から見るプログラマレベル

本記事では、プログラマのレベルを以下の4段階に分けました。

  • レベル C(初級)
  • レベル B(中級)
  • レベル A(上級)
  • レベル S (達人)

これまで多くの開発現場を経験し、色んなエンジニアの方と仕事をさせていただき、現場で働ける(稼げる)レベルはB(中級)以上と予想します。

レベルC〜Sの4段階に分けるために、以下6つの項目をベースにしました。

  • プログラミング
  • データベース
  • ソース管理
  • 開発環境
  • サーバー / ネットワーク
  • 設計

それでは各レベルについて解説しますね。

プログラマ レベル C

Cレベルのスキル

プログラミング書籍や入門サイトのサンプルプログラムを書いて・実行できる
データベース既に存在するDB・テーブルへのレコード取得・登録・更新・削除が行える。
ソース管理SVN 又は Git の役割を大まかに理解し、アカウントを作成している。
開発環境書籍や入門サイトからダウンロード・インストールができ、簡単な実行までが可能
サーバー / ネットワーク書籍や入門サイトからダウンロード・インストールができ、簡単な実行までが可能
設計ある一部の機能について読める

次レベルにアップするには

サンプルのコードを読んだり、真似て書いたりして実際に動かしたりすることをおすすめします。手を動かしアウトプットを続けることで、プログラミングだけではなく、ソース管理や開発環境の分野も同時に学べるはずです!

書いたプログラムが、エラーなどで期待通りに動いてくれない時もあるかもしれません。そういったエラー解決も次のレベルアップに繋がることでしょう!

Cレベルのおすすめ学習方法

公式サイトのチュートリアルや【Progate】などのオンライン学習サービスなどの活用が良いです。解説が分かりやすく、なるべく専門用語を多様しているものよりはイラスト中心の方が理解しやすいかと思います。

プログラマ レベル B

Bレベルのスキル

プログラミングIDEを独学で構築可能で、言語のAPIを活用し、簡単なサンプルアプリを作成できる
データベース各種DBの環境構築が可能で、簡単なテーブル作成や定義が可能
ソース管理コミット / チェックアウトなどが可能
開発環境複数の開発環境を必要最低限活用できる
サーバー / ネットワーク複数の開発環境を必要最低限活用できる
設計ある一部の機能について書ける

プログラマとして必要な3つのスキルを最低限持っていることでしょう。

プログラマの3つのスキル
  • コードを読む・書くスキル
  • デバッグするスキル
  • テストするスキル

次レベルにアップするには

1つでも多くの開発案件に関わり、実務経験を積むことで次のレベルにアップすることでしょう。実戦を通し、色んなエンジニアの方と一緒にお仕事をすることで多くのことが学べるはずです。

プログラミング言語だけではなく、これまで知らなかった技術などを知ることもできることでしょう。

Bレベルのおすすめ学習方法

プログラミング言語の学習だけではなく、アプリ・システム開発の一連の流れを学習できればさらに成長できるのではないでしょうか。

例えば、Udemy というオンライン学習サイトには体系的に学習できる内容が数多く存在します。

Udemy
引用元:Udemy公式

こちらのコース(フルスタック・Webエンジニア講座)の場合、Webアプリ開発に必要な内容を学習することができます。

Webアプリ開発に必要なスキル
  • 開発環境の構築(ローカルサーバーの構築)
  • プログラミング言語(HTML / CSS / JavaScriptなど)
  • データベース(MySQL)
  • プログラムの動かし方(デバッグ方法など)
しーま
しーま

Udemy の魅力について記事はこちらです!合わせてどうぞ!

プログラマ レベル A

Aレベルのスキル

プログラミングDB接続やフレームワークを活用し、より実践的になアプリを作成できる
データベース関数を使用したSQL文を活用でき、表を結合したレコード取得も可能
ソース管理競合が発生した際の対処が可能
開発環境最新の開発環境を独学で構築することが可能
サーバー / ネットワーク最新の開発環境を独学で構築することが可能
設計フローチャートやUMLを活用し、システム全体を設計できる

次レベルにアップするには

アプリ開発を行うためのスキルを一通り身につけ、日々の作業ルーティングに多少飽きた方も中にはいるのではないでしょうか。

その場合、新しい考え方や技術に触れることが望ましいです。

エンジニアの場合、勉強会がとても盛んで、毎週どこかで開催されているほどです。

なので、自分の興味のある技術のイベントがもしかしたらすぐに見つかるかもしれません。

しーま
しーま

普段、私も利用している2つのサイトを紹介します。登録もとても簡単ですよ。

  • connpass
  • Doorkeeper

この2つのサイトに登録しておけば、自分の興味のある技術のイベントが見つかるはずです。

イベント自体も無料が多く かつ 最近ではオンラインが主流なので参加がとてもしやすいかと思っています。

Aレベルのおすすめ学習方法

プログラミングについて分からない事は調べ、独学で進めることができるレベルですよね。

その次に「読みやすいコードを書きたい」「キレイなコードが書きたい」とかあるのではないでしょうか。技術評論社の「良いコードを書く技術」で良いコードを書く5つの習慣が紹介されています。

  1. コードを読みまくる
  2. とにかくコードを書く
  3. 開発環境は常にチェック
  4. 良い知識をチェック
  5. 周りからのフィードバック

上記の「良いコードを書く5つの習慣」以外にも「良いコードの定義」「具体的なコードの書き方」についてかなり深掘りされ書かれています。

普通のプログラマから一歩先を進むには本書で学習するのもありかと思います^ – ^

プログラマ レベル S

Sレベルのスキル

プログラミング開発現場において共通部品を作成したり、難易度の高いアルゴリズムを実装できる
データベーストランザクションの仕組みを理解して、適切なDB設計ができる
ソース管理SVN/Gitの構築が可能でメンバへのアクセス権限を管理できる
開発環境案件にマッチした開発環境を提案できる
サーバー / ネットワーク案件にマッチした開発環境を提案できる
設計システムの要望や問題点を具体的に言語化し、設計を行うことができる。

技術力もあり、経験豊富なプログラマの領域です。

ただ単にプログラムを作成し、動かすというのではなく、プログラミング言語・テクニック、コーディングスタイル・ツール、デザインパターン、ソフトウェア要件・納期・不具合・品質など網羅すべき点が多いことでしょう。

開発現場において、共通部品を作成したり、フレームワーク的な仕組みを構築することも多いのではないでしょうか。また、勉強会での登壇する機会も多いはずです。

しーま
しーま

取り組む姿勢など、達人プログラマから見習うところは沢山ありますよね!

本記事のまとめ

今回は、「プログラマーとして稼ぐためにはどのくらいのレベルが必要なのか」について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

本記事の内容をまとめると以下の通りです。

開発現場で働く場合、レベルB(中級)以上が必要

プログラミングIDEを独学で構築可能で、言語のAPIを活用し、簡単なサンプルアプリを作成できる
データベース各種DBの環境構築が可能で、簡単なテーブル作成や定義が可能
ソース管理コミット / チェックアウトなどが可能
開発環境複数の開発環境を必要最低限活用できる
サーバー / ネットワーク複数の開発環境を必要最低限活用できる
設計ある一部の機能について書ける

おすすめ記事

プログラミングを本格的に勉強したいっ!」という方へ

コスパが良いプログラミング学習したい」という方へ

プログラマとして更に成長したい!」という方へ

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました