今からプログラミングを始める方には朗報【環境良すぎ】

エンジニアへの道
Designed by macrovector / Freepik
スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、こんな疑問や悩みに回答します。

読者の声
  • プログラミングを始めようとしているけど、どんなメリットがある?
  • プログラミングをすることで、スキルは身に付けられる?
  • プログラミングの魅力について教えて!!
読者
読者

エンジニア(プログラマ)として働いている方に聞いてみたいな。

プログラミングについて、書籍やネットで情報収集を行い、「実際プログラミングってどうなの!?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

私は現在【プログラマ】として、数々のプログラミング言語を学び、アプリ・ソフト開発に携わっています。この業界を5年以上続けているので、プログラミングのメリット身に付くスキルについて熟知しています。

この記事では、これからプログラミングを始める方に向けて、プログラミングのメリット身に付くスキルについて詳しく解説します。

しーま
しーま

この記事を読めば、きっとプログラミングについて更に興味が沸くことでしょう!

プログラミングのメリットとは

近年、プログラミングを学ぶ人が増えてきていますよね。

理由は様々あると思いますが、IT人材の大幅な不足義務教育によるプログラミング必須化などに伴い、今後より一層重要になることは確実です。

アメリカのオバマ前大統領もプログラミングを学ぶことの重要性について語っているほどです。

プログラミングを学ぶことはあなたの未来のためだけじゃない。国の将来がかかっているのだ。

プログラミングを学ぶ【4つ】のメリット

プログラミングを学ぶ4つのメリットについて具体的に解説します。

市場・将来性

以下2つの影響も含め、プログラミング市場は今後広がる可能性は高いと言えます。

  • IT人材の大幅な不足
  • 義務教育によるプログラミング必須化

経済産業省が発表した「IT人材需要に関する調査」を確認してみると、かなりの人材が不足していることが分かります。

経済産業省「IT人材需要に関する調査」
引用元:経済産業省「IT人材需要に関する調査」

2030年の予測では、約45万人のエンジニア不足いう結果になっています。

求人情報を確認すると分かると思いますが、どの企業もプログラミングができるプログラマ・エンジニアを求めています。

平均年収の大幅アップ

日本の平均年収とエンジニアの平均年収を比べてみましょう。

国税庁が発表した平成30年分民間給与実態統計調査結果から日本の平均年収を確認すると、約440万円となっています。

国税庁【平成30年分民間給与実態統計調査結果】
引用元:国税庁【平成30年分民間給与実態統計調査結果】

同じく国税庁の調査結果からエンジニアの平均年収を確認すると、約490万円となっています。

引用元: 国税庁【平成30年分民間給与実態統計調査結果】2
引用元: 国税庁【平成30年分民間給与実態統計調査結果】

比べてみると約50万円の差があることが分かります。プログラミング言語の種類によっては更にアップする可能性もあります。

経済的な余裕・豊かさはストレスを抑えることも可能ですよね。

今後人口知能・AIの発展に伴い、エンジニアの市場価値も更に高まると期待できますよね!

柔軟な働き方

日々の生活(自宅と職場の往復のみ)にマンネリしている方は多いのではないでしょうか。

プログラミングは基本、パソコンとインターネットがあれば作業は出来ます。

つまり職場以外の場所(自宅・カフェなど)でも作業は出来るので、場所を選びません。

自分の好きな場所で仕事をすることが出来るのです。

最近の求人でも「リモートワーク可」という条件を目にすることも多くなりましたよね。

しーま
しーま

私自身も2019年からリモートワークでエンジニアの仕事をしています。

初期費用が安い

繰り返しになりますが、プログラミングは基本、パソコンとインターネットがあれば可能です。

なので、パソコンとインターネットを準備すれば始められるのです。

ある程度のスペックであればパソコンは10万円前後で購入は可能かと思います。

インターネットも自宅であれば月5000円くらいですよね。

最初は費用を抑えつつ、稼げるようになってきたらハイスペックパソコンや周辺機器(モニター・キーボードなど)に切り替えても良いかと思います。

プログラミングで身に付く【5つ】のスキル

実際にプログラミングを経験して、下記5つのスキルが身につき、伸びていくと考えています。

  • 論理的思考力
  • 問題解決力
  • 想像力
  • 読解力
  • 忍耐力

論理的思考力

論理的思考力とは、矛盾することなく、筋道を立てて考える力のことです。

倫理的思考力が身に付くと、情報を整理・分析して、筋道を立てて結論を出すことが可能となります。

プログラミングとは、コンピュータに対しての命令文を書くことになります。

一つの命令だけではなく、たくさんの命令を組み合わせる必要があります。

命令の順番を間違えると正しく動かない可能性が発生します。

コンピュータに期待する動作をしてもらうには、正しい命令文が必要になります。

問題解決力

問題解決力とは、問題の原因を特定し、解決の糸口を見つけ出すことです。

プログラミングは1度作成したら終わりではなく、日々カスタマイズやプログラムミスなどが発生します。

その場合、「どうすれば改善できるのか」「なぜ動かないのか」など問題解決の繰り返しになります。

時には、なかなか解決できない問題を試行錯誤を繰り返しながら取り組む必要があります。

基本的には、自分で考え、問題を発見・解決していきます。

創造力

プログラミングは、頭の中のアイディアを形にすることです。

自分が作りたいサービスやアプリを形にすることができます。

世の中には、本当に沢山のサービスやアプリがありますよね。

色んなエンジニアの方々のアイディアが形になった証拠です。

現実に存在しないサービスを生み出すために、アイディアを具現化する必要があります。

読解力

読解力とは、文章などを読み解く能力のことです。

プログラミングは仕様書と言われる設計図を基に作成することがあります。

大量の設計図から正確に・素早く情報を整理し、処理する能力が必要となります。

設計図は基本的に文字です。どういうサービス・アプリにしたいか文字ベースで書かれています。

文章から的確に把握する必要があります。

忍耐力

プログラミングを1日2日でマスターすることは不可能に近いです。

結果に結びつくまでに、それなりに時間はかかります。

そして、サービス・アプリを完成させるために色んな壁にぶつかり、困難に直面することも珍しくはないです。

どんな仕事でも忍耐力は求められる部分と思います。

プログラミングの仕事も忍耐力がなければ務まらない仕事だと思います。

プログラミングを学ぶための【3つ】のステップ

プログラミングのメリット・身に付くスキルについて解説してきました。

どうでしたか?さらに興味が湧いてきましたか!?

プログラミングを学ぶためにもう少し具体的なステップを紹介します。

  1. プログラミング環境を整える
  2. プログラミングを無料で始める
  3. プログラミングで稼ぐために

プログラミング環境を整える

プログラミングを始めるには、パソコンインターネットの準備が必要です。

パソコン

一口にパソコンと言ってもデスクトップ型・ノート型、Windows・MacといったOSの違いなど細かく分けることができます。

正直デスクトップもノートも所有できれば良いのですが、先にどちらかを選ぶとしたらとします。

結論から言うとノートパソコンを所有した方が良いと思われます。

理由は下記の3つです。

  • スペースをとらない。
  • プログラミングの勉強会やコミュニティが多いため、持ち運びできる。
  • 外付けのモニター・ハードディスクで拡張可能。

そして、プログラミングをするなら専用のソフト・ツールを使う事になりますが、メモリも4G以上(できれば8G)は確保したほうが良いです。

それ以下だと、ソフトを複数起動した場合、パソコンがフリーズしてしまいます。

以上をふまえ、おすすめのパソコンは多数あります。

ですが、その中でも軽さ・省スペース・スペックを兼ね備えているのがAppleのMacBookです。

しーま
しーま

私自身もMacBookを使用していますが、軽くて持ち運びがかなり楽です。外出先で調べものするには最高です!

モバイルルーター

回線工事も一切不要で、簡単に設定して使えるモバイルルーターは魅力ですよね。

ノートパソコン同様に持ち運びできる点では固定回線よりアドバンテージになると思います。

しかし、データ制限が設けられている機器もあるので、しっかりと検討した上で購入を考えたほうが良いです。

プログラミングを無料で始める

プログラミングが学べるオンライン学習サイトはかなり充実しています。

そこで、今回はその中から無料で始められるサイトを2つ紹介します。

Progate

プログラミング未経験者から圧倒的な支持を得ているProgate(プロゲート)です。

環境構築が不要で、オンライン上でコードを書く・コードの実行ができます。

無料である程度の範囲は学習できるので、プログラミングをやってみたいという方にはおすすめです。

無料で続けてみて、もっと深く学習したい場合は月額980円でスキルを磨くことができます。

progate(プロゲート)
引用元:Progate公式サイト

ドットインストール

すきま時間などにスマホで学習が可能なドットインストールです。

動画を見て学習するタイプで、1つの動画が3分以内に収まっているのが特徴です。

プログラミング言語の扱っている範囲も広いため、複数の言語を学びたい方にはオススメです!

dotinstall(ドットインストール)
引用元:ドットインストール公式サイト

プログラミングで稼ぐために

上記のオンライン学習サイトで一通りプログラミングを学習し、もっと学びたい!とか仕事にしたい!という方にはプログラミングスクールに通うという手段もあります。

プログラミングスクールに通うことで効率的に学習を進めることが可能です。

また、自分一人では解決できない問題などを質問できる環境にあるので、挫折を回避できる可能性もあります。

TECH CAMP

Tech Camp ( テックキャンプ )
引用元:TechCamp公式

1つ目は【TECH CAMP】です。プログラミングを学習したい方・エンジニアになりたい方で目的を分けているのが特徴です。

Webサービス・AI開発といった充実したカリキュラムをメンターのサポートを受けながらスキル習得が可能となっています。

TECH ACADEMY

Tech Academy ( テックアカデミー )
引用元:TechAcademy公式

2つ目は【TECH ACADEMY】です。完全オンライン型のプログラミングスクールです。

地方に住んでいる・通学が厳しいなどの理由でプログラミングを諦めていたら勿体ないですよ!

自宅からでも学習は可能です!こちらもメンターに質問が可能なので、理解できるまで何度も質問してみては如何でしょうか!?

本記事のまとめ

本記事のまとめ

今回は、「今プログラミングを始めるには環境が良すぎる!?」について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

本記事の内容をまとめると以下の通りです。

プログラミングを学ぶ【4つ】のメリット

  • 市場・将来性
  • 収入面
  • 柔軟な働き方
  • 初期費用の低さ

プログラミングで身に付く【5つ】のスキル

  • 論理的思考力
  • 問題解決力
  • 想像力
  • 読解力
  • 忍耐力

プログラミングを学ぶための【3つ】のステップ

  1. 環境(パソコン・ネット)を整える
  2. 無料でプログラミングを始めてみる
  3. プログラミングで稼ぐためにスクールも検討

おすすめ記事

Javaプログラミングをもう一度本格的に勉強したいっ!」という方へ

逆に、「Javaプログラミング以外を本格的に勉強したいっ!」という方へ

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました