【Java入門】23種類のデザインパターンについて解説

デザインパターンの概要について説明(特徴・用途・使い方)プログラミング入門
スポンサーリンク

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回はデザインパターンについて紹介していきます。

デザインパターンとは

プログラミングにおける設計パターンのこと。

プログラミング設計や開発時に役に立ち、時には問題の解決をスムーズにしてくれる場合があるかもしれません。

デザインパターンは大きく分けて以下の3つの分類に分けることができます。

  • 生成に関するパターン
  • 構造に関するパターン
  • 振る舞いに関するパターン

それでは、3つの分類に分けてデザインパターンを紹介していきます。

生成に関するパターン

構造に関するパターン

  • Adapter
  • Bridge
  • Composite
  • Decorator
  • Facade
  • Flyweight
  • Proxy

振る舞いに関するパターン

  • Chain of Responsibility
  • Command
  • Interpreter
  • Iterator(1つ1つ数え上げる)
  • Mediator
  • Memento
  • Observer
  • State
  • Strategy
  • Templete Method
  • Visitor

Singletonパターン

特徴

インスタンスが1個しか存在しないことを保証する。インスタンスの数に制限を設ける。

用途

アプリ・システムなどの設定情報(勝手に変更されては困りますよね。。)

シングルトン対象クラスのコンストラクタは必ずprivateにすること。

使い方

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    Singleton s1 = Singleton.getInstance();
    Singleton s2 = Singleton.getInstance();
    if ( s1 == s2 ) {
      System.out.println("同一インスタンスです");
    } else {
      System.out.println("同一インスタンスではありません");
    }
  }
}

class Singleton {
  private static Singleton singleton = new Singleton();
  public static Singleton getInstance() {
    return singleton;
  }
}

実行結果

 同一インスタンスです

さいごに

 最後まで読んでいただきありがとうございます。

 他の記事もよろしくお願いします!

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました