VisualStudioCode(VSCode)でJavaの開発環境を構築しよう!

スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、こんな悩みや疑問のある方に向けて記事を書きました。

VSCodeでJavaの開発環境って構築できるの!?デバッグも出来るのかな!?

VisualStudioCode(以下、VSCode)でJavaの開発環境を構築したい方・デバッグまでの構築手順を知りたい方にはオススメの記事です。

本記事では、以下の環境でVSCodeを構築します。

  • OS:Windows 10 Home(64bit)
  • JDK:OpenJDK 8

VSCodeでJavaの開発環境を構築

以下の4ステップで開発環境を構築します。

  1. VSCodeを日本語化に変更
  2. Javaプログラムをデバッグするために機能拡張
  3. JDKの読み込み(settings.jsonの編集)
  4. デバッグの読み込み(launch.jsonの編集)

VSCodeの特徴

VS Codeはマイクロソフト社が開発したエディタになります。

今、開発環境で一番人気のある開発環境ではないでしょうか。

以下の理由などからエンジニアから人気が高く、旬のエディタと言えます。

  • 軽量・高速
  • デバッグ機能も充実
  • 多数のプログラミング言語に対応
引用元:マイクロソフト公式 – VSCodeダウンロード

※今回はダウンロード / インストール手順は省略します。

Java系の案件なら【エンジニアルート】

【構築手順1】VSCodeを日本語化に変更

インストール完了後、エディタを起動すると最初は英語になっていますので、日本語に切り替える方法を紹介します。

画面の左メニューより【Extensions】を選択し、検索ボックスで「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」と入力後、インストールを行います。

インストール後、今度は画面のトップメニューより【View】を選択します。Command Paletteをクリックし、「Configure Display Lunguage」と入力します。

「ja」が表示されると思いますので、選択します。エディタの再起動を行う案内がありますので、そちらに従いします。再起動後、VS Codeが日本語に切り替わっていたら成功になります♪

【構築手順2】Javaプログラムをデバッグするために機能拡張

次にVS CodeでJava言語のソースコードを作成する際に必要な拡張機能を追加しましょう!追加するのは「Java Extension Pack」になります。こちらを追加するとデバッグ実行などが可能になります。

手順は先ほど日本語化した時と同じになります。 画面の左メニューより【Extensions】を選択し、検索ボックスで「java extension pack」と入力後、インストールを行います。

【構築手順3】JDKの読み込み(settings.jsonの編集)

次にJavaのインストール先を設定します。画面の左下に歯車の表示があると思います。こちらを選択し、【設定】を選択します。検索ボックスでjavahomeと入力します。そうすると「settings.jsonの編集」が表示されるので、そちらを選択します。

JDKがインストールされている場所を指定します。

"java.home": "D:\OpenJDK_8"

こういう感じになるはずです。「”java.home”: “D:\OpenJDK_8″」以外はデフォルトのままになります。

{
    "window.zoomLevel": 2,
    "editor.suggestSelection": "first",
    "vsintellicode.modify.editor.suggestSelection": "automaticallyOverrodeDefaultValue",
    "java.home": "D:\OpenJDK_8",
    "editor.tabSize": 2
}

【構築手順4】デバッグの読み込み(launch.jsonの編集)

デバッグの設定の前にJavaプロジェクトを作成しましょう。画面トップメニューの【表示】からコマンドパレットを選択します。検索ボックスで「java create java project」と入力します。

任意のフォルダを選択後、「App.java」というJavaファイルが自動作成されます。それに合わせて「launch.json」というファイルも作成されているはずです。こちらのファイルに 下記を追加します。

"mainClass": "app.App"

画面トップメニューより【デバッグ】を選択し、【デバッグの開始】を選択します。そうすると、ターミナルタブに「Hello Java」が表示されるはずです。

まとめ

今回は、VisualStudioCode(VSCode)でJavaの開発環境構築について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^-^*)

本記事をまとめると以下の通りです。

  1. VSCodeを日本語化に変更
  2. Javaプログラムをデバッグするために機能拡張
  3. JDKの読み込み(settings.jsonの編集)
  4. デバッグの読み込み(launch.jsonの編集)

VSCode以外でJavaの開発環境を検討している方は下記の記事も参考に!

関連記事

人気記事

≪スキマ時間、活用してみませんか≫

世界最大級のオンライン学習サイトUdemy

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました