Java実行環境(JRE・JVM・API)と仕組みについて

Java入門
スポンサーリンク

こんにちは。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は Javaの実行環境(JRE・JVM・API)と仕組みについて解説を行います。

Java言語は他の言語に比べ、あらゆる環境で動くことができます。例えば、通常のデスクトップアプリに加え、Webアプリ・Androidアプリ・組み込みシステムなど、多岐に渡って活躍するプログラミング言語です。

また、OSに依存しない汎用性のあるプログラミング言語でもあるため、Windows / Mac OS / Linux などの環境で実行することが可能です。

そのため、常に「人気のあるプログラミング言語」や「求人の多いプログラミング言語」としています。

なので、改めてJava言語の実行環境について簡単に解説していきます。なるべく図を多く使って説明していきます。

【JRE】について

JREは Java Runtime Engine の略。

Javaのキャッチフレーズ「Write once, Run anywhere (一度プログラムを書けば、どこでも動く) 」でも分かるように、JREのおかげで、OSなどを意識せず、コードを書いて、動かせることが可能となります。

今回は OpenJDKというオープンソースを元に解説をします。JREはOpenJDKの直下にあります(赤枠部分)。JREはJDKに内包されています。

JREの中身はこんな感じです。binフォルダとlibフォルダの中に JVMクラスライブラリ が存在しています。

【JVM】について

Java Virtual Machine の略。(※よく仮想マシンとも言われます)

Javaで書いたプログラムを一旦JVMというフィルタに通すことで、JVM⇔CPU・メモリ 間でやり取りを行うため、Javaプログラムを作成する側としては、OS・CPU・メモリを意識しなくて済むという事です。

上手く出来た仕組みですね。

【API】について

ここで言うAPIとは「クラスライブラリ」の事を指します。

OSが提供する機能(ウィンドウ操作・キーボード / マウス操作・ファイル操作)をJavaで扱えるようにしたのが、クラスライブラリになります。

つまりOS( Windows / Mac OS / Linux )の違いを吸収してくれるので、OS毎にプログラムを分けなくても良いということになります。

さいごに

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今回の内容はいかがだったでしょうか。

Java言語はオブジェクト指向プログラミング言語で、オブジェクトやクラスといった概念があります。プログラミング初学者の方が最初から理解するには少し難しい気もします。

ですが、最初にも述べたようにJava言語の活躍フィールドは多岐に渡ります。少しずつ、理解を深めていけば立派な人材になれると思います。

Java言語について関連記事がありますので、よろしくお願いしますね!

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました