Oracle OpenJDKのダウンロード・インストール手順まとめ

Oracle OpenJDKのダウンロード・インストール手順まとめJava入門
スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、こんな悩みや疑問のある方に向けて記事を書きました。

Javaに興味がある人
Javaに興味がある人

これからJavaを始めたいけど、何から始めたらいいの!?

Javaプログラムを作成するには、JDK(Java Development Kit)が必要になります。

JDKのダウンロード・インストール手順を知りたい方にはおすすめの記事です。

Oracle OpenJDKとは

Oracleが提供しているOpenJDKになります。(※無料で使用可能)

2020年5月時点ではOpenJDK14が最新になります。

主要OS(Windows・macOS・Linux)に対応しています。

Oracle JDKとほぼ同じタイミングでリリースされます。

OpenJDKが使用できるまでの手順
  1. OpenJDKのダウンロード
  2. OpenJDKのインストール
  3. システム環境変数の設定

Oracle OpenJDKのダウンロード

公式サイトからダウンロードを行います。

Oracle OpenJDK公式(https://jdk.java.net/)

2020年5月時点では、JDK14が最新となります。

【JDK 14】と表示された箇所(リンク)をクリックしましょう。

Java経験者
Java経験者

本記事ではJDK14をもとにダウンロード・インストールを行いますね。

Oracle OpenJDK公式(https://jdk.java.net/14/)

JDK 14がダウンロードできるページが表示されます。

Buildsと表示された箇所に、各OSごとのダウンロードリンクがあります。

今回はWindows 10で環境を構築しますので、Windows用のZipファイルをダウンロードします。

Java経験者
Java経験者

インストール形式ではないため、初学者の方には若干難しく感じる場合があるかも。

ダウンロード完了後、上記のZipファイルが確認できるはずです。

Zipファイルの詳細

ファイル名:openjdk-14.0.1_windows-x64_bin.zip
ファイルサイズ:約190M

Oracle OpenJDKのインストール

次にダウンロードしたZipファイルを解凍します。

Java経験者
Java経験者

ダウンロードしただけでは、まだ使用できまん。

解凍後、フォルダが作成されますので確認します。

JDKを使用する準備は整いました。あとはPCにJDKの設定を行います。

システム環境変数の設定

補足として、システム環境変数にJavaを追加する手順も解説します。

本記事では、Windows10を対象として解説を進めます。

  1. コントロールパネルを開く
  2. 【システム】を選択
  3. 【システムの詳細設定】を選択

上記の操作を行うと、「システムのプロパティ」が表示されます。

環境変数ボタンをクリックします。

システム環境変数の中からPathを選択し、編集ボタンをクリックします。

環境変数の編集画面が開きます。

新規ボタンをクリックして先ほどインストールしたOpenJDK 14の登録を行います。

Java経験者
Java経験者

OpenJDKのインストール先のbinフォルダまで忘れずに行ってくださいね。

こちらまで完了したら終了です。

一旦、パソコンを再起動してみましょう。

再起動後、コマンドプロンプトでJDKが環境変数に設定されているか確認します。

コマンドプロンプトにて「java -version」と入力し、Enterします。

インストールしたJDKのバージョン情報が表示されればOKです!

まとめ

今回は、Oracle OpenJDKのダウンロード・インストールについて解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

本記事をまとめると以下の通りです。

  • 2020年5月時点、OpenJDK 14が最新
  • 各OS(Windows・macOS・Linux)に対応
  • OpenJDKは無料で使用可能。

関連記事

人気記事

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました