【Java開発】SpringでWebアプリを作成しよう!(プロジェクトの作成)

アプリ開発_SpringJava入門
スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、こんな悩みや疑問のある方に向けて記事を書きました。

読者
読者

Spring Tools 4を導入したけど、プロジェクトの作成方法が分からない。教えてほしい。。。

Springプロジェクトを作成・実行したい方にはおすすめの記事です。

今回の開発環境はこのようになっています。

  • OS:Windows 10
  • JDK:OpenJDK 8
  • IDE:Spring Tools 4
  • Spring Boot:2.3

SpringでのWebアプリ作成手順

Webアプリの作成手順
  • STEP1

    無料で使用できる SpringTools4 について紹介します。ダウンロードから始まり各種設定(日本語化)までを詳しく解説します。

  • STEP2
    プロジェクトの作成(本記事はココ!)

    Springプロジェクトを作成し、Webアプリを実行するまでの手順を詳しく解説します。難しい設定などは特にありませんので、簡単に始められます。

  • STEP3

    Thymeleafというテンプレートを使用してhtmlファイルを作成します。Thymeleafを使用するための設定なども詳しく解説します。

  • STEP4

    Springで用意されている入力チェックを使用します。アノテーションを使用することで簡単に実装ができます。

  • STEP5

    DI(依存性の注入)の有・無パターン2つを比較しながら詳しく解説します。

Spring Tools 4を起動

SpringToolSuite4.exeをクリックし、SpringToolSuite4を起動します。(以下、STS4とする。)

■ STS4が起動したら、プロジェクトを作成していきます。

■ 画面トップメニューより、ファイル ⇒ 新規 ⇒ 【新しいSpringスタータープロジェクトを作成する】をクリックします。

Springプロジェクトを作成

1.「新規 Spring スターター・プロジェクト」画面

今回は変更せず、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

2.「新規 Spring スターター・プロジェクト依存関係」画面

今回は変更せず、そのまま「次へ」ボタンをクリックします。

3.「新規Springスターター・プロジェクト」画面

今回は変更せず、そのまま「完了」ボタンをクリックします。

demo」プロジェクトが作成されていることを確認できます。

Springプロジェクトを実行

Springプロジェクトを実行するために、以下2つ追加します。

  • DemoController.java
  • index.html

まずDemoController.javaから追加しましょう。

追加する場所は、com.example.demoパッケージ配下です。

DemoController.javaの中身は下記の通り。

package com.example.demo;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
public class DemoController {

	@RequestMapping(value="/demo")
	private String main() {
		return "/index.html";
	}
}

次にindex.htmlを追加します。

追加する場所は、resources->staticフォルダ配下です。

index.htmlの中身は下記の通り。

Hello Spring!

ひとまず、これだけですw

上記2つを追加したらSpringプロジェクトを実行してみましょう!

demoプロジェクトを【右クリック】して【実行 -> Spring Boot アプリケーション】の手順です。

そうすると、コンソールタブに以下のように表示されればOKです。

ブラウザ(クロームなど)を開き、以下のように【localhost:8080/demo】と入力してみます。

ブラウザにHello Spring!が表示されればSpringプロジェクトの実行成功となります。

デフォルトのポート番号を変更

Springプロジェクトを実行するために【localhost:8080/demo】としました。

8080という箇所(値)はポート番号といいます。

このポート番号は他のアプリケーションで既に使用されている可能性があります。

その際の対処方法について解説します。

resources -> application.propertiesに追記します。

追記する内容は【server.port=8081】です。

再度、Spring Boot アプリケーションを実行します。

そして、ブラウザに【localhost:8081/demo】と入力して実行してみます。

無事、Hello Spring!が表示されましたね。

本記事のまとめ

今回は、Springプロジェクトの作成・実行について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

本記事をまとめると以下の通りです。

  • Spring スターター プロジェクトで簡単に作成可能
  • ポート番号を変更する場合はapplication.propertiesに追記

関連記事

しーま
しーま

プログラミングスクールの【Raise Tech】では、Spring Frameworkを使った実践コースが受講できます。今すぐスキルを身に付けたい方は必見ですね!

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました