【Java開発】SpringでWebアプリを作成しよう!(SpringTools4の導入)

アプリ開発_SpringJava入門
スポンサーリンク

こんにちは!しーま(@s59shima)です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、こんな悩みや疑問のある方に向けて記事を書きました。

読者
読者

JavaでWebアプリ開発したいけど、何から始めたらよいですか!?

Javaフレームワーク【Spring】を用いたWeb開発を検討中の方にはおすすめの記事です。

今回の開発環境はこのようになっています。

  • OS:Windows 10
  • JDK:OpenJDK 8
  • IDE:Spring Tools 4
  • Spring Boot:2.3

SpringでのWebアプリの作成手順

Webアプリの作成手順
  • STEP1
    SpringTools4の導入(本記事はココ!)

    無料で使用できる SpringTools4 について紹介します。ダウンロードから始まり各種設定(日本語化)までを詳しく解説します。

  • STEP2

    Springプロジェクトを作成し、Webアプリを実行するまでの手順を詳しく解説します。難しい設定などは特にありませんので、簡単に始められます。

  • STEP3

    Thymeleafというテンプレートを使用してhtmlファイルを作成します。Thymeleafを使用するための設定なども詳しく解説します。

  • STEP4

    Springで用意されている入力チェックを使用します。アノテーションを使用することで簡単に実装ができます。

  • STEP5

    DI(依存性の注入)の有・無パターン2つを比較しながら詳しく解説します。

SpringTools4のダウンロード

SpringでWebアプリ開発を行うために、SpringTools4を使用します。

SpringTools4は、EclipseやVisual Studio CodeなどでSpringベースの開発をサポートしてくれるツールです。

さっそく、公式サイトからダウンロードを行いましょう!

Spring Tools 4(https://spring.io/tools)

本記事では、Windows環境でWebアプリ開発を行う予定です。

なので、公式サイトよりWindwos 64 Bitと表示されたボタンをクリックします。

ダウンロードが完了すると、このようなjarファイルが格納されます。

しーま
しーま

2020年04月時点では、ファイル形式がjarファイルになっていました。zipファイルではありません。

ファイル名:spring-tool-suite-4-4.6.0.RELEASE-e4.15.0-win32.win32.x86_64.self-extracting.jar

ファイルサイズ:380M

jarファイルをダブルクリック

ダウンロードしたjarファイルをダブルクリックします。

すると、このようなフォルダが格納されます。

中身を確認するとこんな感じ ↓↓↓

以上で、必要なファイル群は揃いました。

後は、必要に応じて設定を変更していきましょう!

≪簡単!60秒で無料会員登録できる!≫

Java系の案件なら【エンジニアルート】

SpringTools4の日本語化

英語が苦手だなーっという方は日本語化しましょう(汗)

私も日本語化にし、作業を行っています。。。

Eclipseベースで日本語化する場合の手順となります。

Pleiades公式(https://mergedoc.osdn.jp/)

Windows環境でWebアプリ開発を行うので、Windowsをクリックします。

ダウンロードが完了すると、このようなzipファイルが格納されます。

ファイル名:pleiades-win.zip

ファイルサイズ:65M

このZipファイルを解凍します。

解凍後、setup.exeファイルを実行します。

実行すると、日本語化プラグインのセットアップ画面が表示されます。

セットアップ画面が表示されたら、まず選択ボタンをクリックします。

最初にダウンロードしたSpring Tools 4のexeファイルを指定します。

しーま
しーま

添付画像では「D:\sts-4.6.0.RELEASE\SpringToolSuite4.exe」になります。

そうすると、「Pleiadesが配置されるディレクトリ」及び「Pleiadesの設定が追加されるファイル」に自動的に値がセットされます。

ここまでエラーなどの問題がなければ、日本語化するボタンをクリックします。

ここまで問題なければ、SpringToolSuite4.exeをダブルクリックしてみましょう!

SpringToolSuite4.exeを実行直後

ワークスペースの指定(※デフォルトから変更しました)

最終的にこのような画面が表示されれば完成です(拍手)

しーま
しーま

Eclipseをベースに作成されたIDEなので、見た目はほぼ変わりません!基本的な操作も違和感なく、使用できるはず。

JREの設定

Javaのバージョンを指定したい場合、設定方法について見ていきましょう。

画面のトップメニューより、ウィンドウ⇒設定をクリックします。

設定画面が表示したら、左のメニューよりインストール済みのJREをクリックします。

ここでJavaのバージョンを追加・変更することができます。

追加・変更したい場合は、追加ボタン・変更ボタンをクリックします。

最後に適用して閉じるボタンをクリックします。

コンパイラの設定

同じく設定画面にはコンパイラの設定も行えます。

≪ITエンジニアの強い味方≫

レバテックキャリア

本記事のまとめ

今回は、SpringでWebアプリを作成するためのSpringTools4導入について解説しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

本記事をまとめると以下の通りです。

  • SpringベースのWebアプリ開発を行う場合、SpringTools4が有効
  • SpringTools4を日本語化する場合、Pleiades日本語化が有効

関連記事

しーま
しーま

プログラミングスクールの【Raise Tech】では、Spring Frameworkを使った実践コースが受講できます。今すぐスキルを身に付けたい方は必見ですね!

Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
Javaスキルで悩んでいる方必見!本気で学習できる環境を探してみよう!
詳細はこちら
タイトルとURLをコピーしました